ホーム > kilica

kilica

記事一覧 > 氷川 XOOPS Module 開発室 > [XCL22] xoops_dhtmltarea

[XCL22] xoops_dhtmltarea

Smarty プラグインの xoops_dhtmltarea により、フォームのテキストエリアにBBコードのエディタが使えるようになります。

しかしこのエディタがどうにも使いづらく、XCL2.2では Delegate を使って簡単に差し替えられるようにしました。

ところで XCL2.2 には FCKエディタが(extrasにですが)付いています。

そこで、おなじく xoops_dhtmltarea で editor パラメタを指定することで BBコードの代わりに FCK エディタを使えるようにしました。デフォルトではFCKエディタですが、やはり Delegate で他のエディタに切り替え可能です。

たとえば、最初はFCKエディタを使っていたけど、ある日その後継の CKエディタに切り替えたくなった、というとき、テンプレートをいじることなく preload ファイルを置くことでガラッと切り替えることができます。

あるいは、ユーザID(やロール)をみてエディタを切り替える、といった preload もできるでしょう。

To Top