ホーム > モジュール > XooNIps

XooNIps

カテゴリー:
A19.文書, A23.用途別DB
閲覧:
18082回

XooNIps はインターネット上で多様なデータの共有を図る ニューロインフォマティクス (NI) のためのデータベース基盤システムです.

起源:NRV (Neuroinformatics Research in Vision)プロジェクトで構築した視覚系 NIプラットフォーム Visiome のコンセプトとその基本的な仕様を踏襲し,コンテンツマネージメントシステム(CMS)の一つである XOOPSをベースとして開発されました.

特徴:XooNIps には3つの特徴が有ります.
 1.データベース構築の柔軟さ:XooNIpsはCMSをベースに開発されているために,データベースのデザインを変更したり,XOOPS上で利用可能な様々なモジュールと組み合わせて,データベースとしての機能の拡張が容易に行えます.すなわち,システムに詳しくない方々でも情報を共有するデータベースを立ち上げる事が可能です.
 2.XooNIps が扱うデータの多様性,拡張性:実際に必要とされる様々なデータを扱える様に,多様なデータ形式を標準に備えられている上に更に,新しいデータ形式も扱えるような拡張方法も準備されているため,標準で無い形式のデータであっても容易に取り扱えるように拡張することが出来ます.
 3.メタデータの流通機能:XooNIpsはメタデータ流通の標準プロトコルの一つである OAI-PMH (Open Archive Initiative-Protocol for Metadata Harvesting) を実装しています.これにより,XooNIpsで構築された他のデータベースの情報を収集したり,XooNIps 以外の OAI- PMH を備えた他のデータベースとメタデータを介して,協調させる事が可能です.

カテゴリー

新規追加プロジェクト

全て表示
To Top