ホーム > フォーラム > 開発 > コア開発 > 4月・プロジェクトページ移動します

4月・プロジェクトページ移動します
投稿者: minahito | 投稿日時: 2007/3/28 11:25 | 閲覧: 6182回
minahito
これまで告知してきた件の詳細ですが、4月の正式版を目処に XOOPS Cube のリポジトリを sourceforge.jp から sourceforge.net へ移動させる予定です。(関連トピック

1) XOOPS2 JP 系は動かしません
2) xoopscube.org からも "official" の冠を外します。
プロジェクトホーム(開発拠点)といった代替の言葉を使用して、どこがホームかと言われれば sourceforge.net だという状態を作ります。

プロジェクトページでは従来のフィーチャーリクエスト、バグトラッカー、タスクに加えて、

- パッチトラッカー(パッチ投稿用トラッカー)
- フォーラム
- ニュース
- 記事システム

を動作させ、主要な情報がプロジェクトページでおさまるように構成します。以降はそこが開発所となります。

基本は .jp で実験的に実践している英語 + 母国語可というルールを敷くつもりですが、そのときのメンバーでは翻訳不可能な言語で投稿された場合の対応などもあり .org で最終的なルールの調整をしたいと思っています。

CVS (SVN) では base/kernel 級の複数のプロジェクトを扱うことができるルールを作る方向で考えています(Cubeの設計ベースであるOGREが、アドオンやツールプラグインも同じリポジトリで開発していることを参考にして

Cubeには公式非公式の概念自体がないので、別途プロジェクトを立ててもまったく問題はなく、リンクでつなぎます。

たとえば自分がやっている cubson などは現在日本語でも情報がまとまっていないので .jp に置いたままにして、関連ツールとしてリンクだけ申請するつもりです。その後、海外へ射出可能になったら、 XOOPS Cube のリポジトリを借りるもよし、別途プロジェクトを別途のサービス(たとえばcodeplex)で借りるもよし……という感じで自由に選択できます。

この「リポジトリの貸し出し?」はパッチトラッカーの投稿や、 base/kernel 級のシステムを開発できる実績性(=具体的な意欲)を一応のボーダーラインにしつつも、どんどんやっていくつもりです。これらの開発者と記事の編集者がコミッタになり、 50 人を目安に .net から借りるプロジェクトを分割していく形がいいと思ってます。このへんもすべてOGRE体制を参考にしていますこれとかこれとかこれみたいに分かれてもOKと。

プロジェクトホームでは sourceforge.net から提供される機能をそのまま使用し、別途ダイナミックページを立てることはしない予定です。 HTML 側は当初は何も置かず、余裕ができた段階で各国・base級モジュール開発ページへのリンクページを設置します。

・xoopscube.jp サイトについて
プロジェクトホームの確定にあわせて .jp の管理兼任者が管理から抜け、5〜6月にサイトの縮小を行います。いくつかのモジュールを閉鎖する予定ですが、サイトオーナーの onokazu さんを中心に現在どこまで閉鎖・整理するか、体制もあわせて協議中です。これは5〜6月までに onokazu さんから告知があると思います。

コメント(0)

新しいものから | 古いものから | ネスト表示 | RSS feed

投票(0)

新しいものから | 古いものから | RSS feed
 
To Top